めざせ億り人!資産運用ブログ!


FX,自動売買,Hyipなどの資産運用結果と商材の紹介

CloudToken(クラウドトークン)へ投資

f:id:sockscats:20190507183834p:plain

こんにちは。靴下ねねこです。

 

今回は人気がでている配当型ウォレットの中でも4月に日本に登場した「CloudToken(クラウドトークン)」について、投資をはじめてみました。

 

早く始めるほど利益率が高いことは、これまでの配当型ウォレットでも多いので、この投資も早く参加して、美味しいところを持っていこうと考えます。

 

もし実施される方がいらっしゃれば、絶対に大きな利益が出るという保証はありませんので、あくまでも余剰資金での参加を心がけてください。

※2019年5月7日時点で記載しております。

 

 

はじめに


CloudToken(クラウドトークン)は、「PLUS Token」の世界的リーダーが手掛ける配当型のウォレットアプリです。※第4世代分散型モバイルウォレットと言われております。
 「JARVIS AI」というAIトレードを利用することで、月利6%~12%の運用収益をユーザーへ還元しています。“配当型ウォレット”と呼ばれる参加者が大きくその輪を広げています。
大きな特徴としては以下のようになっています。
世界的なPlusTokenのリーダーが仕掛ける「JARVIS AIボット」によって運用が自動化されているCloudToken(クラウドトークン)で得られる報酬の目安(月利6~12%)最低投資金額は500ドル以上必要紹介報酬の還元率が高いCloudToken(クラウドトークン)が対応しているコインは7種類ユーザービリティが良く、画面がみやすく、使いやすい銀行レベルのセキュリティ技術
今後の直近の展開として、Walletアプリのクレジットカード機能が実装されるようです。2019年5月12日ユーザーにリリース予定とのこと。

 

CloudTokenのリスク


CloudToken(クラウドトークン)は、流行しはじめている配当型ウォレットです。資産を預けておくだけで自動的に利益を得られる仕組みのものです。


配当型ウォレットは、多くの人が利用し、利益を還元できております。今回も同様に順調に利益を得られる可能性もありますが、他と同様に一定のリスクはあります。会社が倒産していまう、思ったように運用利益を出すことができない、また預けた資金に対して、出金手数料(後述します)がありますので、資産が目減りする可能性があります。


CloudToken(クラウドトークン)が世界的に普及するかどうかは現時点ではわかりません。サービス開始して間もないことから先行者利益を得られる可能性が高いものの、リスクがあることは十分に理解して参加する必要があります。


そのため、自己責任の元にサービスを利用する必要があり、余剰資金での運用を行うようにするほうがよいです。

 

CloudToken(クラウドトークン)の出金手数料


CloudToken(クラウドトークン)の出金手数料は、次の通りになっています。

  • 30日以内の場合は8.9%
  • 30日後の場合は0%

私が他で実施しているものだと、CrossExchangeは90日間、WoTokenは45日間の拘束期間がありましたが、CloudTokenは30日と短めです。

拘束期間が短いことは利用者にとってリスクの低減につながりますので嬉しいことです。
また、30日以降の出金手数料が0%であることは驚きです。

 

アプリのインストール登録方法

「インストール」


公式サイトからダウンロードとなります。
アプリダウンロードURL:https://cloudtokenwallet.com/

※Android利用の方は、Googleのchromeよりアクセスが推奨です。

 

f:id:sockscats:20190507184220j:plain  f:id:sockscats:20190507184413j:plain


ページを開くとダウンロード画面が表示されます。画面下側に日本語へ変換することも可能です。

画面中央のダウンロードをタッチします。

 

f:id:sockscats:20190507184756j:plain

デバイスによっては、警告画面が表示されることもありますが、「OK」タッチして先に進みます。

 

f:id:sockscats:20190507185117j:plain f:id:sockscats:20190507185112j:plain

「次へ」を押した後、「インストール」を進めてください。

 

f:id:sockscats:20190507185110j:plain

インストール完了し、続いて「開く」をタッチします。

「完了」をタッチした際には、スマートフォン画面にCloudToken(クラウドトークン)のアイコンがありますので、そちらをタッチしてください。

 

CloudToken(クラウドトークン)アカウント登録アプリが起動できるようになったら、登録を行います。

 

f:id:sockscats:20190507190118j:plain

アプリを起動して、画面の下部の「アカウントを作成します」をタップしてください。

「要請コード」の入力画面になります。


要請コード:4471999899

※10桁の番号が招待コードになります。

要請コードを入力すると、以下のようなイメージになりますので、「次」をタップしてください。

 

f:id:sockscats:20190507190112j:plain

ログインパスワードの設定画面が表示されますので、ログイン時に利用するパスワードを入力してください。

入力すると以下のようなイメージになりますので、「次」をクリックしてください。

 

f:id:sockscats:20190507190115j:plain 

次に、支払いパスワードの設定画面が表示されます。

ここでは、ウォレットからの出金時などに使うパスワードを設定します。

支払いパスワードを入力してください:6桁の数字を入力

※数字のみとなりますので、忘れたりしないように注意してください。

 

f:id:sockscats:20190507190108j:plain


バックアップ用の『ニーモニック』が表示されます。
ログインできなくなった場合の復旧用の重要な単語です。

※スクリーンショットを取る、手書きのメモをとる

※こちらはとても大事なものですので誰にも見せないようにしてください。

 
先ほど、ニーモニックを、同じ並び順で登録していきます。
上記までで登録した内容の確認画面が表示されますので、忘れないようにメモしておきましょう。メモは厳重に保管してください。

 
また、ログインIDが表示されますので、必ずスクリーンショットやメモを取り、保存をしてください。

※16桁の数字の番号がログインをするためのアカウント情報です。

アカウントログインについては自分で決めることはできませんので必ず大切に保管してください。保存を忘れると、後日ログインできない状況になります。十分お気をつけください。


CloudTokenのログインアカウント「ログイン」ボタンをタッチしてください。
これで、CloudToken(クラウドトークン)登録への登録は完了です。

 

「準備」

2段階認証の設定CloudToken(クラウドトークン)では、「2段階認証」のセキュリティ設定が追加されました。


2段階認証は、ログイン時の認証ではなく、出金や設定の際のセキュリティ強化です。運用を始める準備として設定するようにしておきましょう。

 

まずは、トップ画面左上の「三」をタップしてください。

f:id:sockscats:20190507204003j:plain


メニューが表示されますので、「設定」をタッチしてください。


設定画面が表示されますので、「Google Authenticator」をタッチしてください。

f:id:sockscats:20190507204153j:plain


Google Authenticatorの画面が表示されますので、「アクティブ化」をタッチしてください。

f:id:sockscats:20190507211125j:plain

支払いパスワード入力画面が表示されますので、登録時に設定した支払いパスワードを入力してください。

※ログインパスワードではなく「支払いパスワード」となります。

 

2段階認証のQRコードとアドレスが表示されますので、画面をキャプチャーして厳重に保管してください。


QRコードを読み取ったら、Google Authenticatorに表示されている6桁のコードを入力してください。


入力が完了すると以下のようなイメージになりますので、「Active」をタッチしてください。

f:id:sockscats:20190507204458j:plain


以下のような画面が表示され、スライドボタンが右側になっていれば設定完了です。

f:id:sockscats:20190507204719j:plain


 

「入金」

基本的な手順としては、以下の順となります。

  • 仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する
  • CloudToken(クラウドトークン)に仮想通貨を入金する
  • 運用を開始する

CloudToken(クラウドトークン)では日本円等を直接送金できませんので、仮想通貨取引所で「BTC」や「ETH」など、対応しているコインでCloudToken(クラウドトークン)へ入金します。


CloudToken(クラウドトークン)で資産運用するには500ドル以上が必要ですので、500ドル以上をCloudToken(クラウドトークン)へ入金します。

※1つの通貨で500ドル以上入れる必要があります。また、少し余裕を持たせた金額にしたほうがよいでしょう。

 

CloudToken(クラウドトークン)のトップ画面に並んでいるコイン一覧から、入金する仮想通貨をタッチしてください。

コインの資産や取引履歴の画面が表示されますので、左上に表示されている「入金」をタッチしてください。 

f:id:sockscats:20190507204858j:plain f:id:sockscats:20190507205040j:plain

 

ウォレットアドレスが表示されますので、アドレスをコピーし、送金元となる仮想通貨取引所から、CloudToken(クラウドトークン)へ送金します。

※入金の反映までの時間は、15分程度みてください。

f:id:sockscats:20190507205352j:plain

「運用」


入金が完了したら、運用を開始します。


CloudToken(クラウドトークン)のトップ画面左上にある「三」をタッチしてください。


メニューが表示されますので、「加入」をタッチしてください。

 

f:id:sockscats:20190507210617j:plain

 

加入画面が表示されます。

f:id:sockscats:20190507210810j:plain

 

これはCloudToken(クラウドトークン)のプロジェクト加入画面です。


プロジェクト「JARVIS AI」が表示されていますので、タッチしてください。


JARVIS AIプロジェクトについての概要と注意書きが表示されます。

f:id:sockscats:20190507210947j:plain

JARVIS JARVISの最新のAI技術は、消費者の過去の行動を分析し、将来の取引行動を予測するためにAI取引手法と知識を使用することによって利益を増加させます。 JARVISAIテクノロジは、世界最大の国営企業および民間企業(Wal-Mart、MasterCard、Coca-Cola、Googleなど)に適用されています。


JARVISは同じ技術、暗号通貨予測サービスを使用することができます。

強力なJARVISをユーザーに提供することで、リスクを最小限に抑えるために裁定取引戦略を使用して10種類の取引所でリアルタイムに取引できます。

推定収益率= 6-12%確認をしたら、

「この条件に同意します」にチェックを入れてください。  


チェックを入れると以下のようなイメージになりますので、「加入」をタッチしてください。

 

「加入」を終えると、コインの一覧が表示されます。

 

先に入金した仮想通貨で運用を始めるために、入金した仮想通貨を選択してください。

金額入力画面になりますので、運用する金額を入力します。「次へ」をタッチしてください。

※入金金額全てを運用できるのではなく、手数料が取られます。

 

【すべて】ボタンを押すと、入金した金額全てを運用することができます。

 

預け入れた金額の確認には15分から30分必要です。


実際に金額確認が終了すると、以下のように反映されます。

f:id:sockscats:20190507211247j:plain

 

※ここの資産画面は、先ほど運用した金額は入りません。あくまで、入金した金額と配当の金額です。

 

以上で運用開始ができたわけですが、初回の配当までは48時間必要となりますので、また結果は収益報告のタイミングでしたいと思います。


アプリダウンロードURL:https://cloudtokenwallet.com/
要請コード:4471999899

※10桁の番号が招待コードになります。