めざせ億り人!資産運用ブログ!


FX,自動売買,Hyipなどの資産運用結果と商材の紹介

【無料EA】トラキチ進化版(最新版) [運用・利用注意]

本ページに記載の情報は、私が利用する上で、運用が難しいと感じたものです。安易に利用すると痛手を負いますので、私の利用経験を踏まえて運用利用する際の注意点を紹介しております。誹謗中傷を目的としたものではありません。

f:id:sockscats:20190519170140p:plain
 

 

無料EA:トラキチ進化(最新版)

GEMFOREXで有名な楽楽トラキチ進化版は楽楽トラキチシリーズの
改良版になります。

通貨ペアごとに種類が出ておりますが、大きな特徴としては、トラップリピート型と呼ばれる仕組みとしております。

 

トラップリピート型とは?

f:id:sockscats:20190519155450p:plain

 

トラップは「罠」でリピートは「繰り返し」という意味ですが、為替相場は波のように上がって下がってを繰り返しています。
トラップリピートではこの繰り返すことを利用した手法です。
例えば、相場が上がったところから下がっていくことを見越してエントリーをします。上がりきった所からの戻りの値幅を取る逆張りのものです。
逆に相場が下がったところから上がっていくところでもエントリーすることもあります。

トラップリピート型のメリット

レンジ相場にある場合において、繰り返し何度も利益をコツコツと重ねていきやすく、積もり積もって利益を大きくすることができます。また相場レンジにある場合では、比較的すぐにポジションが解消されるので、利益がわかりやすく、効果が実感しやすいため、システムとして評価されやすいです。

 

トラップリピート型のデメリット①

トラップが長期塩漬けになりやすい

利益を出しやすいロジックですが、レンジ相場を抜けてしまう場合に、決済まで持っていけなかったポジションが長期的な塩漬けとなるケースがあります。

トラップリピート型のデメリット②

含み損が雪だるま式に増える

レンジ相場を抜け、新しいレンジのような場合にも、次々とポジションを繰り返し持つため、決済できないポジションが徐々に増え、含み損が雪だるま式に増えていく大きなデメリットがあります。

トラップリピート型のデメリット③

多額の証拠金が必要となる
デメリット①、②のように長期的にポジションが決済できない・含み損が増えることに加えて、新しいポジションを持つために通常よりも多くの証拠金が必要となります。

 

トラキチ進化版(最新版)について

トラキチ進化版(最新版)では、ポジションの損切りラインの設定はありません。長期的に保有して、ポジションのエントリーポイントまで相場が戻ってくることを想定しているため、あえて損切りが無いと想定されます。

また、大量のポジションをとることで利益をコツコツ積み重ねているため、レンジ相場からトレンド相場になった場合の含み損は特に多くなりがちです。

そのため、日に一度は相場状況を把握したうえで、ポジションを保持しつづけるか裁量の判断を入れたほうがよいです。

 

まとめ 

基本的にはトラップリピート型は上記の通り、十分な証拠金を用意したうえで利用しないと多額の負債により証拠金が不足して、退場となってしまいますので、利用する上ではよく注意する必要があります。

マニュアルでは、20万の証拠金に対して、0.01Lotsを推奨されておりますが、2019年ゴールデンウィーク前後での、ちょっとした米中貿易摩擦での相場影響で証拠金が不足しておりました。

特に通貨ペアとして、ポンド円・ポンドドル・ユーロポンドなど、値動きのある場合には、レンジ相場から一方にトレンドが傾いた時には、運用停止、損切りを行うことをすぐに実行する決断力が必要となるため、運用は難しいと思います。

 

PF(プロフィットファクター)の略称で、総利益を総損失で割った割った値になります。総損失の何倍が総利益になるのかを表しているので、PF=1が勝ち負けの分岐点を示しています。
トラキチ進化版(最新版)では9.8と驚異的な数値です。

それというのも大きな証拠金があり、かなりの負債も抱え込めるほどであればこその結果となりますので、
このPF数値だけをうのみにして利用することが無いように、注意ください。

 

 

 

これだけ注意いたしますが、GEMFOREX多くの無料EAが利用できます。GEMFOREXの口座を持っていない方で、興味がわいた方はこちらから開設ページ利用することができます。

f:id:sockscats:20190424085037p:plain

 

また、靴下ねねこが利用しているこちらのGEMFOREXさんの自動売買のEAを知りたい方はお問い合わせフォームやTwitterからお気軽にお問い合わせください。

過去の記事などにも記載してありますが、経験をもとにパラメータの変更についても、少しアドバイスできるかと思います。